« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

ジャスミンの香り

Seals & Crofts 「Summer Breeze」 夏のおわりにこの曲を聴くと、もうたまらなく人恋しくなります。ほんとは爽やかな夏の風を唄っているのかもしれないけど、私には遠い人を想ってるように聞こえてしまうのです。もう数十年この歌を愛しています。

冷たいジャスミンティーを飲みながら、センチメンタル。。。ちょっと今日はせつないです。あなたの夏はどんな夏でしたか?

8月21日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ピンクの薔薇

お盆に私の叔母が天国へと旅立った。叔父、娘たち、背の高いかっこいい孫たち、そして素敵な友達に愛されて、優しく気高くそっと息を引き取った。

こんなに早く亡くなると思わずにのんきにお見舞いに寄ったのは一週間前。私は叔母に似合いそうな可憐なピンクと黄色の薔薇を花籠にあしらってもらって医大の病室へ寄って、少し話が出来たのが最後の思い出になった。

お葬式でもピンクの薔薇がたくさん飾ってあって、これからピンクの薔薇を見るたびに叔母のことを思い出すでしょう。

今日はKelly Chen「A Lover's Concerto」を叔母に。。。たくさんありがとう、幸子おばさん。

8月17日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「一番大切」

一流の○○、本物の○○、という言葉には、いつもなんだか馴染めないなぁと思っています。だれが一流を決めるのかしら? 一流の人が一流のもの、人を決めるのでしょうか? 一流の人ってどんな人?って茶化したくなります。 

あえて一流ということばを使ってみるならば、近所のそこかしこに一流はあると思います。人がくりかえしてきた仕事への献身、ささやかな家族や恋人との時間、人を思い遣るこころの中に一番大切なことが光っていると、私は思っています。

荒井由美「海を見ていた午後」。横浜に行ったら車に乗って行ってみたい、山手のドルフィン。

8月6日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »