« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

今年もありがとうございました

大晦日にこうして家でブログを書いたりできること、一緒に過ごせる家族や友人がいること、好きなことがあること、日向ぼっこができること、掃除や洗濯ができること、大賑わいのスーパーで買い物できること、etc etc... たくさんの幸せに感謝しています。

私にできることといえば、器をつくること。来年もたくさんの気持ちを形にして届けられるようにしっかり精進します。皆様、来年もどうぞよろしくお願いします。

Bobby McFerrin 「Don't Worry Be Happy」 あなたがいつもしあわせでありますように。。。

12月31日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Merry Christmas

金曜日、土曜日と、ある学会に参加してきました。特別講師になんと坂本龍一さんがお見えになり、今、ご自分が感じていらっしゃることをいくつかお話しされたのですが、想像していた以上に自然で誠実な方だったことに感銘を受けました。

真摯な感性から話される言葉ひとつひとつは真実で、普遍性を帯びていて、哲学書を開いた時のような驚きに満ちていました。今回のこの時間はまるで神様からのクリスマスの贈り物の本みたいでとてもすてきでした。

さっき帰ってきてから、坂本龍一さんが弾いている「Merry Christmas」を聴いていたんですが、今日はなおのこと優しく美しく聞こえてきて涙が出てきそうです。 

12月25日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初雪

今日、私の家の辺りではこの冬初めての雪が降りました。私はストーブが好きなので、その前で暖まっています。 私が幼かったころは私の祖母は、よくストーブの上で焼き芋を作ってくれたり、鍋をかけてなにやら豆を甘く煮たものとか、筑前煮とかを作ってくれたりしていました。 それはとってもおいしくて、今ではそれを作ってもらうことがかなわないので自分で作るしかないけれど。。。祖母の煮物には到底追いつくことは出来ないでしょう。

私は今はせめて、その温かみを形だけでも真似してみるくらいでしょうか。

皆さん暖かくしてどうぞ楽しい週末をお過ごしくださいね。冬の夜に、Ella Fitzgerald「In a Sentimental Mood」を聴きながら 愛を込めて。。。

12月16日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Stand By Me

今日の一曲はJohn Lennonがうたっている「Stand By Me」を贈ります。詞も素敵なので一部分お伝えしておきますね。

When the night has come   And the land is dark   And the moon is the only light we see  No ,I won't be afraid  Oh, I won't  be afraid  Just as long as you stand stand by me. 夜が来て、あたりは真っ暗、見えるのが月明かりだけでも 僕は恐れない そう僕はこわくない 君がそばにいる限り。

12月8日、ジョンレノンの命日に祈っています。この世のすべてが愛から始まることを。

12月8日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新しいブログのお知らせ

みなさんにお知らせです。 「40’s  style」というステキなWeb magazine に http://40s-style-magazine.com/ ブログを掲載させていただくことになりました。 ここでは、器についてのお話しをたくさんさせていただくと思います。 (毎週、金曜の夜に更新の予定です。)

この今のブログもそのまま、出来れば今のペースで続けられたらと思いますが、少し更新が遅れたらごめんなさい。どうぞこれからも末永くゆっくりおつきあいくださいね。

私から皆さんへ Elvis Presley 「Love Letters」 どうぞ素敵な12月をおすごしください。愛をこめて。

12月2日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Tea For Two

12月!もう今年もあとひと月なんですね~。たぶん今頃は皆さんも今年の自分を振り返って、いろいろ思ったりしてる頃でしょう。

今年はだれもが大切なことをしっかりと胸に刻んで、それぞれにこの時代に生きている覚悟のようなものをこころの真ん中に抱いた時間だったのではないかと思います。 「超訳 ニーチェの言葉」という本に、こんな言葉がありました。 「一緒に黙っていることは素敵だ。 もっと素敵なのは、一緒に笑っていることだ。 二人以上で、一緒にいて、同じ体験をし、共に感動し、泣き笑いしながら同じ時間を共に生きていくのは、とても素晴らしいことだ。」 全く同感です。 

今日は黙っていてもいいから一緒にお茶をいかがですか。そんな時間が過ごせることが生きている素なんじゃないかと感じています。BGMはElla Fitzgerald 「Tea For Two」

12月2日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »