« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

モノと思い出

モノを持っているということ、それが気持ちのこもったモノや、心から好きなモノだったら嬉しい。気持ちがモノに存在しているからかな。そのモノを見てると素敵なことを思い出すからかな。

モノがたくさんあるこの世の中で、私の器も使ってくださってるみなさん、ありがとう。心から感謝します。そんなことを思いながら窯炊きしています。

4月23日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おいしい水

おはようございます。今朝は雨の音で目がさめました。Astrud Gilbert「Aqua de Beber」を聴いてます。おいしい水を今から飲んでみよう。 体がきれいになるかな。

4月22日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

追い込み中

これから一週間ほど、窯開きの作品づくりは最後の追い込みです。まさに寝食惜しんでみたいな感じ、それは自分にとって最高に気持ちいい時間です。もうこれ以上は無理だー!!とへこたれそうな時にこそ、実は面白いデザインがひらめいたりした事が何度もあってわざとそんな状況にして自分を試してみたりしています。

今日の一曲、The Stylistics 「Can't give you anything」

4月19日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

祈り

あの人が悲しみに暮れることがありませんように、そして願わくば穏やかな幸せとともに過ごしていられますように。障害をお持ちなのにとても頑張っていらっしゃる、昨日出逢った心優しい女性にこの曲を送ります。Sissel & Josh Groban「The Prayer」

明日目覚めたらよい香りを風が運んできて、どうぞ彼女をしあわせにしてくれますように。

4月18日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Silence is Golden

昨日、耳に残ったのはThe Tremeloesの「Silence is Golden」 ハーモニーがとてもきれいな美しい曲です。

ちょっと似たニュアンスで、前に親友のN氏に諭されたのを思い出した。「秘すれば花、だよ。」って。う~む、なんと大人。幼い私はすぐに想ってることを言ってしまいそうになることよ。いや、いつもすでに言ってしまっている! そうそう性格って変わりませんね。

4月14日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夜更けの青、有明の青

一日のうちにいろいろな青を見ている。夜更けの漆黒に近い青、明け方の群青、爽やかな空の青、夕焼けの橙に寄り添う青。どれもいい。 中でも最高に素敵なのは、仕事して徹夜して夜が明けていく時間の青。一人きりで感じるその青、いいですね。

今日はSonny Clark「Softly as in a morning sunrise」 でちょっと休憩。

4月8日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春の日

ひさかたの 光のどけき春の日に しづこころなく 花の散るらむ

この歌がおもいだされるような美しい一日。夜桜はいうまでもなく、こころがざわざわするほどに美しく。みなさんはどこで桜の花びらを見つめていますか。

4月3日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雨上がり

4月1日、今朝の雨上がり、あたたかい風が首筋をぬけていく。あたたかくなってきただけで嬉しくなる。

UA「甘い運命」 十何年前にも古い工房の中でラジオから流れてきて、しあわせな気持ちになったっけ と思い出した。そうだ、雨上がりの桜を見に行ってみよう。

4月1日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »